PLEDIS Girlz(플레디스 걸즈)『WE』ピンキー、ナヨン抜きでプレデビュー。

PRISTIN(PLEDIS Girlz)

498036.jpg

デビューは来年だと言われていた、プレディスガールズ。27日さくっとプレデビューしました。
今回の曲にはI.O.Iの活動を優先させるため、ナヨンとピンキーは不参加。
プレデビュー曲『WE』は作詞がミンギョン、ウヌ、ソンヨン、シヨン、作曲がウヌ、ソンヨンとメンバーの自作によるもの。遂にガールズにも自作時代が到来か。さすがにアレンジは別の人ですが、KINIE.Kという4月にデビューした女性ソロシンガーとイ・ギヒョンという若手が担当しています。
なお、音源はフリーシングルで各音源サイトから無料でダウンロードできます。

PLEDIS Girlz(플레디스 걸즈)

13266045_1710327042568708_270623236763317647_n.jpg

カン・イエビン(강예빈)

1998.10.19 / RAP
162.5cm、49kg、A型
c95e55892313f2551091792ecc4dc638c3fbed114a31be56281d7f42d5ec8eaf.jpg

パク・シヨン(박시연)

2000.11.14 / RAP
163cm、51kg、O型
4d9f131912f26be0ce157bfd89848d8cacad49eb9b54159eb5f85a9c16073b53.jpg

ベ・ソンヨン(배성연)

1999.05.25 / VOCAL
162.5cm
8df1c61ca446d42a0a8812f749a1d3a91cf7fc2d740efaa292493caede8aadd5.jpg

チョン・ウヌ (정은우)

1998.07.01 / VOCAL
167cm、48kg、B型
48157a5c6bd4facb954ff32125f96c0d72bb625ab5dc58d600176db5bca134b2.jpg

キム・イェウォン(김예원)

1999.02.22 / VOCAL
163cm
e5f2f931f300325d08e8070e0c49f3e107cbb1ef724867dc50b3e766786cb555.jpg

キム・ミンギョン(김민경)

1997.07.29 / VOCAL
172cm、49kg、B型
5a7d679a6ad70298ca64ba7b27d4e52d1eab43a09080170ac28d2e705c488130.jpg

カン・ギョンウォン(강경원)

1997.11.05 / VOCAL
170cm、50kg
9f9fc40bd573e6c250800aced98ee405044ef76e18ed3b4a40a248dd6f755b2c.jpg

ケーラ(카일라)

2001.12.27 / RAP
165cm
cf535ad1c1512b720266f73553f47fb0b7674c952201cf0ceb0dba1afd64d0c0.jpg

イム・ナヨン(임나영)

リーダー
1995.12.18 / RAP
171cm、50kg、O型
addfe93485c878bf92e6fe7daba01b64d0f22f0c93938146101d0b1beae82e6f.jpg

チュ・ギヨルギョン(주결경)ピンキー

1998.12.16 / VOCAL
166cm、47kg、O型
85040721e9a1dd8b5e8acbf4ec13ae23099c9b1f3f619fecb31a8302d9912e9f.jpg

PLEDIS Girlz – WE

ライブのファンカムなどで既に聴いていた曲だったけど、改めてこうして聴くと、いい曲だなと思った。
グループとしてしっかりとした色があるように感じるのは、DIAの様にやらされてる感がないからかもしれない。
以前より、PLEDIS GIRLSとして知られていた彼女たち。3月からPLEDIS GIRLZが正式名として使っている。
5月7日にプロデュース101に出た7人にプラス3名が加わった10名の画像が公開された。シヨンとソンヨン、ケーラはグループの創設メンバーで、元々10名でデビュー予定であったらしい。
5月14日から毎週土曜日に無料コンサートを行っており、YouTUBEにも沢山ファンカムがあがっている。
6月25日には初めて、ナヨンとピンキーも参加してその様子はVliveで生放送された。
パク・シヨンが足を怪我していてびっくりしたが、もしかしたら放送の中で言及してるのかもしれないけど、わからなかった。

2016 PLEDIS GIRLZ CONCERT LIVE

オリジナルのローラーコースターもいい曲。そちらがデビュー曲になるかはわからないけど、正式デビューが今から楽しみ。
過去にないプロモーションのやり方で、新たな時代が今、築かれているのだなと感じる。

イジェン、アンニョン。